アタカマ砂漠から帰ってきました

やっと日本に帰ってきました。
長いフライトでした。
ダラスから12時間のフライトです。

日本は随分涼しくなっていました。
アタカマ砂漠が懐かしいです。
今から撮影した写真を見かえすのですが、
ちゃんと見たとおりに撮影できたか心配です。
広大なお花畑というものは、非常に撮影が難しいものだからです。
大きく引き伸ばして見るなら悪くないのですが・・・。
このブログの画面程度の大きさでは、感動が伝わりにくいのです。
写真はチリ縦断道路のR5、コピアポからバジェナル間です。

_MG_4889.jpg
パタデグアナコ スベリヒユ科 (カランドリニア・ロンギスカパ Cakandrinia longiscapa)
広大なお花畑
とにかく砂漠のすべてが花に覆われています

_MG_6917.jpg
アルギリア・ラディアタ(Argylia radiata)
日本に近縁種はありません
ノウゼンカズラ科
アタカマ砂漠のあちこちに咲いていました。
草丈50~80cm花色は黄色からオレンジ色まで変化に富む





スポンサーサイト

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : アタカマ砂漠

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

数年に一度の雨が降らないとこの景色は見られないのですね。アカタマ砂漠ではショウガもハチミツも採れないのですね。
お疲れさまでした。

アタカマ砂漠

たか女様

数年に一度の雨が降ると大規模に見られます。
それ以外の年だと、規模が小さいものしか見られないようです。
アタカマ砂漠では花の時期が余りに短いので、ハチミツは採れないようです。
数年に一度、一瞬だけなら、大量のハチミツが採れそうですが・・・。
ショウガを売っているところは見られませんでした。
スーパーマーケットには毎日のように行っていたのですが・・・。
まだまだ、時差ぼけもアリしんどいのでゆるゆるやっています。



> 数年に一度の雨が降らないとこの景色は見られないのですね。アカタマ砂漠ではショウガもハチミツも採れないのですね。
> お疲れさまでした。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード