レウココリネ ナルシソイデス (Leucocoryne narcisoides) アタカマ砂漠の花 

LLanos de challe-chili_15-09-29-0183
アタカマ砂漠にはたくさんの花が咲いていました。
当然ながら、はじめての植物ばかりです。
名前が完全には分かりません。
図鑑があればよかったのですが・・・。
残念ながらサンチアゴの本屋を数軒回ったのですが、
よい図鑑はありませんでした。
いや、植物図鑑の存在は知っているのですが、
高山編や中部編南部編はあったのですが、
チリ北部編だけが売り切れだったのです。


レウココリネ ナルシソイデス (Leucocoryne narcisoides) 
llanos de challe-chili2_15-09-29-0067
レウココリネ ナルシソイデス (Leucocoryne narcisoides)
レウココリネ アッペンディラクタ?」現地ではナルシソイデスになっていました。
ヒガンバナ科(以前はユリ科で紹介されている)
チリの砂漠の平原や、山地、海岸近くに生える。
草丈40~60cm。
花の感じはクチベニスイセンに似ている。
学名もスイセン(ナルシス・ナルキス)からきている。
強い風でいつも揺れているが、茎は案外強い。
葉は厚みがあり、細長い。
花期にも基本的に葉はある。


●お知らせ:
長池公園の写真展は2015年10月12日まで延長開催しています
スポンサーサイト

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : Leucocoryne レウココリネ アタカマ砂漠

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード