「佐々木正子ボタニカルアートグループ展」

_MG_9504.jpg
左からNさん、高橋、佐々木正子さん、Yさん
佐々木正子ボタニカルアート展にて

佐々木正子ボタニカルアートグループ展



「佐々木正子ボタニカルアートグループ展」に行ってきました。
ボタニカルアートとは植物細密画と約せばよいのでしょうか。 
植物をテーマにかかれた、芸術的かつ科学的で美しい細密画です。
佐々木正子さんは、世界をリードするボタニカルアート作家です。

佐々木正子さんのボタニカルアート展は初めてではありませんが、
今日は色々発見と感動がありました。
ひとつは佐々木正子さんのボタニカルアートの更なる進化です。
今回はスミレ画がたくさん展示されていました。
すっきりとした線で書かれて、紙の上で生きているようです。
実は、佐々木正子さんとは何度もフィールドに一緒に行って、
オオバタチツボスミレやシチトウスミレなどを見ています。
そのスミレの個体がはっきりと思い出されるほどの衝撃でした。
作者の佐々木正子さんは、スミレと一体化して書かれたのではないか、
そんな気すらしました。

グループ展ですから、他にもたくさんの方が描かれたボタニカルアートがありました。
それぞれ個性があって面白いですね。
きれいで繊細な色使いの中に、ズバッと空間を切り取ったYさんの作品など。
驚くべきは、まだボタニカルアートを始めて、
まだ一年たっていないNさんの作品です。
いくつかある(これだけでも驚きですが)作品の中でも、
繊細かつダイナミックな黒一色の鉛筆で描かれた
立体感のあるマルバシャリンバイは、
まさにNさんそのままです。

生徒の個性を大事にしながら、指導をされている様子が伺われます。
皆さんもぜひ佐々木正子ボタニカルアート展に行ってください。
山脇ギャラリーにて。
JR市谷駅から徒歩2分。
地下鉄市谷駅からならA2出口を出てすぐ。
10月21日(水)までの開催ですが、18日(日)は休廊日です。
11:30~18:00、最終日は13:00まで。


失礼ながら佐々木正子さん以外の方は、
了解をいただいておりませんのでイニシャルで紹介させていただきます。
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

tag : ボタニカルアート

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

高橋さま
ご声援ありがとうございました。
沢山のスミレ好きの方々にご来場いただきました。
ライフワークに続けて行きたいと思っています。まだまだ知らないスミレがいっぱいです。次の出会いがありますように願っています。よろしくお願いいたします。

スミレ

Masako様

コメントありがとうございました。
声援が足りなくてすいません。
感動をなかなか文章で表せませんでした。
スミレはよいですね。
また御一緒しましょう。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード