吾妻耶山の紅葉 

azumayasan-gunma_15-11-05-0389.jpg
吾妻耶山の山頂にはだれひとりとしていません
すばらしい展望です

吾妻耶山の紅葉

吾妻耶山に登りました。
何度も何度も登っている山ですが、今回のコースは初めてです。
あまり有名でないコース名のですが、猿ヶ京温泉の宿の御主人に、
以前「この辺の人は、赤谷から登っているよ。」とお聞きしたので、
ぜひ調査が必要だと思っていたのです。

azumayasan-gunma_15-11-05-0649.jpg
赤谷からのコースも道標はしっかりしています


登山口は猿ヶ京温泉がある赤谷の南ヶ谷林道登山口。
細い車道をしばらく登ると、未舗装の林道になり、すぐに分岐があり、
ゲートがある野で、分岐手前に車を停めて歩き始めました。
林道をどんどん登ります。
途中、伐採された殺伐とした場所がありましたが、紅葉はきれいでした。
途中で引導からはずれ、山道に入ります。
道標がありますが、基本的に登山者は少ないようです。
自然が豊かで、静かで、それだけでうれしくなります。
「赤谷越峠」と「仏岩」との分岐にでましたが、
仏岩へのルートが不明瞭だったので、赤谷越峠に向かいました。
カラマツの黄葉が美しい林を抜け、ひと登りすると、赤谷越峠に到着。
さらに吾妻耶山に向かいます。
途中、GPSに導かれて、三角点を探し、やっと三角点をを発見。
この三角点は、登山道から離れているので、なかなか見つかりません。
山頂に付いたのは昼ごろ。
何度も山頂に行きましたが、今日の展望は絶品です。
谷川連峰はもちろんのこと、巻機山、尾瀬の至仏山、武尊山、日光の男体山、皇海山、赤城山。
雲ひとつない青空で、すばらしい、展望です。
望遠レンズで撮影して、よく見ると谷川岳山頂に人影が見えました。

azumayasan-gunma_15-11-05-0002.jpg
登山口となるゲート
この手前から林道歩きです

azumayasan-gunma_15-11-05-0187.jpg
カラマツの黄葉
下のほうの葉はすでに散っていますが、
上のほうの葉はまだ残っています

azumayasan-gunma_15-11-05-0330.jpg
吾妻耶山の三等三角点
登山道から離れている上、
ちょっと低い場所にあり探すのが難しい

azumayasan-gunma_15-11-05-0371.jpg
吾妻耶山山頂からの谷川岳山頂
谷川岳肩ノ小屋が見えます



山頂からは仏岩方面に下ります。
厳しい急降下です。
赤谷方面への分岐からは、緩やかな登り道。
ブナやミズナラ、ヤマモミジの紅葉がきれいです。
足元のコアジサイの黄葉もいいですね。
いきなり、登山道が不明瞭になりました。
ピンクのテープだけが目印です。
このルートは初心者には難しそうです。

スギの伐採地を抜けると、行きにも見た道標があって、登って来た道に合流。
後は林道に戻り、しばらく林道を歩くと、途中に「尾根コースより赤谷集落・千葉村」
という道標があり、今度はここを下ります。
やはり林道を歩くより、気持ちがよい道です。
いきなり、林道に出ますが、ここには道標がありません。
この下にだけ道標がありましたが、
この道は途中伐採地があり、登山道がつぶされていて歩くのは不適です。
林道を少し下って、車に戻りました。

azumayasan-gunma_15-11-05-0565.jpg
吾妻耶山の中腹コースは自然が豊か
春には花も多そうです

azumayasan-gunma_15-11-05-0695.jpg
黄色実を帯びた斜光線が美しい様子

azumayasan-gunma_15-11-05-0722.jpg
登山道の最下部は伐採地になっていました
登山道はちゃんと残して欲しいですね
これではルートが不明です


もう、日が傾いてきました。
このあたりはよい食事場所がなくて困っていたのですが、
猿ヶ京温泉の「まんてん星の湯」の食堂の食事がおいしいのを発見しました。
今回食べたのは、赤城どりの親子煮定食。
限定の朝採れ玉子がの味が濃いです。
鶏肉は臭みもなく、脂もスッキリして、歯ごたえはプリプリ、うまみが深く、
とてもおいしいものでした。
サラダや付け合せなど野菜が多いのもうれしいです。

azumayasan-gunma_15-11-05-0733.jpg
まんてん星の食堂の赤城どりの親子煮定食
疲れた後のおいしい肉と玉子料理はたまりません
火加減は自分で調節できます


Canon EOS M
CANON EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM
CANON EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM
スポンサーサイト

テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

tag : 吾妻耶山

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード