忘年山行 NHK文化センター at 房の大山

fusanoooyama-chiba_15-12-09-0083.jpg
房の大山
忘年山行 NHK文化センター at 房の大山

fusanoooyama-chiba_15-12-09-0010.jpg
歩き始めは静かな館山湾から

NHK文化センター青山教室の講座で、今日は房総半島の低山、房の大山に登りました。
館山湾に面した坂田から登り、太平洋の伊戸に下るちょっとマイナーなコースです。
房の大山は標高193mの低山ですが、海岸から登り海岸まで下る、
短時間ながらなかなか骨のあるコースです。

最初は民宿脇から入り、笹薮を抜け、マテバシイの森を抜けていきます。
粘土質の道なので、ちょっと滑りやすい部分もあります。
もう一息、山を登ると山頂です。
ちょっと霞がかかっていますが、富士山や伊豆大島は見えています。
山頂でのんびりした後は、ゆっくり下ります。
けっこう急坂で、なぜか濡れた地面は滑りやすいです。


fusanoooyama-chiba_15-12-09-0033.jpg
マテバシイ(Lithocarpus edulis)の林を抜けて行きます

fusanoooyama-chiba_15-12-09-0043.jpg
房の大山の山頂

fusanoooyama-chiba_15-12-09-0053.jpg
フウトウカズラ(Piper kadsura)
属名はペッパー(コショウ)が語源です

fusanoooyama-chiba_15-12-09-0063.jpg
メダケ(Pleioblastus simonii)の森
またまた、深く暗いメダケの林を抜け、雑木林を少し下ると西の集落です。
とことこと、田舎道を歩くとなかなかいい気分です。
もうバスが待っていました。

バスでちょっと走って、道の駅ふらり冨山に立ち寄ります。
朝にも寄ってスイセンの切花と、野菜をたくさん買っています。
そして、忘年会。
もう皆さん慣れたもので、それぞれ好きな色々違うメニューを注文しています。
今日は暖かかったので、生ビール。
ははははは!
あみなや丼、イカ姿造り、穴子天丼、などなど。
皆それぞれにおいしそうでした。

夕方、バスの車内から夕焼けと富士山がきれいでした。
なかなかよい一日でした。

fusanoooyama-chiba_15-12-09-0095.jpg
あみなや丼

fusanoooyama-chiba_15-12-09-0091.jpg
イカの姿造り
皿の左下に注目
イカの肝が付いていました
うまみ成分がジワリとうまい!

fusanoooyama-chiba_15-12-09-0121.jpg
帰りの高速から
夕焼けと東京と富士山と


●ボタハイ通信
2015年12月16日のボタハイは催行予定です。




スポンサーサイト

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : 里山 フウトウカズラ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード