アタカマ砂漠の植物 ロアサ トリコロル Loasa tricolor

tongoi-chili2_15-10-04-0161.jpg
アタカマ砂漠の植物 ロアサ トリコロル(Loasa tricolor) 
ハゼリソウ科ロアサ
スペイン語ではオルティガ( ORTIGA)と呼ばれています・

ロアサ トリコロルはそれほど多くの場所では見られませんでした。
生えている場所では、群落になっていました。
海岸に近い山岳地帯に生えていました。
黄色の種であるロアサ トリコロルよりも白いロアサのほうが多かったです。
全草にトゲがあり、触ると猛烈に痛いです。
イラクサと同じようにトゲに毒があるようです。
触るとポキポキ折れます。
花は複雑な形状です。
花弁のようなものは5枚。
縦に裂けた袋状(カヌーのような形)で、そこに雄しべが入ります。
雌しべの周りにもおしべがあります。
花の中心部にある赤い部分は花弁の根元が変形したものでしょうか?
現地で分解してみればよかったです。
ロアサ トリコロルの茎は蔓状。
葉は5角形を基本とした複雑な形でやや肉厚。


tongoi-chili2_15-10-04-0243.jpg
ロアサ トリコロル(Loasa tricolor)の群落

アタカマ砂漠の植物は、日本に近いものはあまりありません。
そこで、今回に限り、植物名をそのまま属名 種名の準に表記しています。
このため、ロアサ トリコロル(Loasa ttricolor)としています。

●ボタハイ通信
12月16日 嵐山ボタハイは天気もよさそうなので予定通りおこないます。
スポンサーサイト

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : ロアサ トリコロル(Loasa ttricolor)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード