沖縄の食べ物 2

沖縄の食べ物

まだ、沖縄の食べ物について紹介します。

沖縄の食文化といえばチャンプル(混ぜて炒める)文化。
ゴーヤチャンプルが有名ですが、ゴーヤの旬は夏。
今はあまり出回っていません。
焼ソバならぬ、素麺を炒めたソーミンチャンプルもあります。
ソーミンチャンプルは今回食べるチャンスはなし。

どれもおいしかったですが、今回特においしく感じたのは、
お麩を炒めたフーチャンプルとトーフチャンプル。
お麩は沖縄の柔らかめの車麩。
豆腐は固めの島豆腐。
ふんわりとして、豆腐の香りが豊かです。
一緒に入っているのはブタ肉、スパム、ツナ缶など。
キャベツ、モヤシ、ニンジンなどの野菜もたっぷり入っています。
今回一番おいしく感じました。

16-01-14_ikei-okinawa-0172.jpg
今回一番ヒットしたフーチャンプル
お麩がうまみを吸っておいしい!

16-01-14_ikei-okinawa-0179.jpg
トーフチャンプル
豆腐の風味と油のうまみが渾然一体となって
沖縄の豆腐はできたてでおいしいです


沖縄に行けば必ず食べるのはジーマミ豆腐。
漢字で書けば地豆豆腐。
地豆というのはピーナッツのこと。
ピーナツで作ったモチモチ、プルプルのゴマ豆腐のようなもの。
けっこう個体差があり、ピーナッツの香りがよいもの、モチモチ系、
ビヨーンとのびのび系もあります。

16-01-14_ikei-okinawa-0174.jpg
ジーマミ豆腐
見た目と裏腹な不思議な食感
たれは甘くなく、鰹醤油?


ヒラヤチーも食べました。
沖縄風お好み焼き、っていう感じです。
韓国の「チジミ」に近いですね。

16-01-15_yonaha-okinawa-0575.jpg
スーパーの惣菜売り場で買ったヒラヤチー
これがなかなかもちっとしておいしいですよ

●ボタハイ通信
2月9日のおでんボタハイは満員です。
お申し込みありがとうございます。

3月1日にセツブンソウボタハイを計画しています。
詳しくは左のリンクから「ボタハイ通信」をクリックして下さい。

03月01日(火)  セツブンソウ・ボタハイ 日帰り
早春に咲く花をゆっくり撮影。植物撮影中心です。
関東でも最初に近い花畑を楽しみましょう。
日本最大級のセツブンソウ自生地で、ゆっくり植物写真を撮影しましょう。群落の撮影、花の超アップの撮影など。時間があれば他の植物も撮影します。
花期に変化が大きいので、日付が変更になる場合があります。
●参加費用:5,000円、(交通費は含みません)
●最小催行人員:5名
●グレード:山道散策。歩くスピードは非常にゆっくりです。
●集合場所:秩父鉄道三峰口駅 改札前
●集合時間:03月01日(火)10時45分
●解散予定:秩父鉄道三峰口駅 午後3時ころ
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、行動食、弁当、飲み物、救急用品など。
●予定:駅からタクシーなどに乗り、セツブンソウ自生地へ。午後3時頃タクシーなどで三峰口駅に戻ります。別の自生地へ行くこともあります。    

●申し込み:どなたでも参加できます。メールで連絡ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード