オオイヌノフグリ 新撮影法

最近購入したオリンパスのミラーレス一眼のOM-D EM-5 MarkⅡと、
60mmマクロレンズ、ケンコーのデジタル接写リングに慣れてきたので、
とうとう、フォーカスブラケット撮影に挑戦しました。

フォーカスブラケット撮影というのは、カメラが自動でおこなう、
ピントを少しずつずらす撮影法です。

以前から撮影していましたが、これまではカメラごとじわじわ動かしていました。
風が吹くと、撮影はおしまい。
全部手作業だったので、時間もかかりました。
このためほとんどあきらめかけていました。

このカメラはそれを自動で1~2秒で数十枚の撮影をしてくれるのです。
撮影前に少し設定するだけ。
圧倒的な時間と手間の短縮になりました。

これなら数枚から何十枚も必要な多重ピント撮影で、
野外に生える、野生の植物の一瞬を切り取ることができます。
オリンパスのデジタル一眼、なかなかいいです。

同時に、絞り込んでストロボで野撮影も続けています。
どちらも一長一短があります。

名称未設定111
オリンパスOM-D EM-5 MarkⅡ
オリンパス60mmマクロ
ケンコーデジタル接写リング
20枚以上をf4で撮影後、深度合成
自然な感じを心がけました


sad1212o.jpg
Canon EOS M
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
エクステンションチューブ
絞りをf16まで絞ってストロボを使用
かなり濃い目に絵画風に現像

●ボタハイ通信
セツブンソウ・ボタハイはもう少しで満員になります。
スポンサーサイト

テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : オリンパス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード