モンベルのトラベルアンブレラで太陽光を和らげる たったの86g

撮影講座をしていると、よく花が白く飛んだり、花色が白っぽくなってしまう、
という相談を受けます。
これは、太陽光という非常に強い直射日光が原因です。
白色や黄色の花はより影響を受けやすいです。
葉や枝も直射日光では、ギラギラして醜い画像になることが多いのです。

植物写真を撮るのに適した天気は高曇り。
直射日光が花に当たると、花の表面が白く照ってしまい、
花の色を出すことができないからです。
しかし、そんなよい条件の時はなかなかありません。

そこで、以前から白い傘を太陽光線を和らげるために使っていました。
白く軽い折り畳み傘はなかなか売っていません。
10年前あたりに買った汚れた折りたたみ傘を使っていました。
しかし色もついているし、みっともなく、ずっと新しい傘を探していました。

やっとこの春、アウトドアブランドのモンンベルから、白いトラベルアンブレラ発売されました。
これは使ってみましたが、太陽光を和らげるのに非常に適していました。
そして、なんといっても軽くコンパクト。
なんと86gしかありません。
軽量化のためか、強風にちょっと弱いのと、サイズが小さいのを除けば、
理想の植物写真撮影機材です。
5200円+税と高価なのも問題ですが、これも軽量化のためでしょう。
後は、耐久性があればいいでしょう。
モンベルのトラベルアンブレラはここから購入できます。

_3054484.jpg
このような状態で使います。
このときはあまり日が強くありませんが・・・・。

_3054480.jpg
袋に入った状態でこの大きさ
長さはたったの26cm

_3054481.jpg
握るとこのような感じです。


ボタハイ通信
05月14日(土) 静岡センリゴマ・ボタハイ 日帰り

満席
センリゴマは静岡の一部にしかない植物で、昔の帰化というか、半園芸植物です。
今回はあまり歩きません。
時間があれば、ホソバシャクナゲ(エンシュウシャクナゲ)も見に行きます。
植物写真撮影中心です。

●参加費用:6,000円(交通費は含みません)
●最小催行人員:4名
●グレード:山道散策。歩くスピードは非常にゆっくりです。
●集合場所:JR東海道新幹線浜松駅 改札前(別の場所になる場合もあります)
●集合時間:05月14日(土)09時40分(ひかり463号が便利です)
●解散予定:浜松駅(変更の可能性があります) 午後6時ころ
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、行動食、弁当、飲み物、救急用品など。
●予定:駅からタクシーまたはレンタカーで移動し、センリゴマ散策。
 時間があれば、さらにホソバシャクナゲ自生地にも行きます。
 午後遅く、浜松駅解散。
スポンサーサイト

tag : トラベルアンブレラ モンベル

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード