西オーストラリアから帰ってきました

10数年に一度の大開花
16-09-01_jelrton-WA-0492.jpg
シャーク湾近くで見た、パラケリヤのお花畑
雰囲気は、南米チリのアタカマ砂漠で見たパタ・デ・グアナコに似ている。
ここにも南米とオーストラリアが
ゴンドワナ大陸でつながっていることがよくわかる。
その時の記事はこれ。
英名:Parakeelya パラケリヤ
学名: Calandrinia polyandra(カランドリニア・ポリアンドラ)
スベリヒユ科 


今日、やっと西オーストラリアから帰ってきました。
毎日毎日暗くなるまで花を追って、走り回っていました。
くたくたになるまで、花を探しました。
2016年の西オーストラリアは、冬に雨が多く、
また春の今も雨が降っているので、
10年に一度あるかないかというほどの花が多い年とのこと。
実際、100キロ程ほど延々と花畑の間を走っているような状態でした。
花の撮影は無限にできそうです。
時間がいくらあっても足りません。
毎日珍しい花に出会って、興奮状態が続きました。
こんなに興奮が続いたのは久しぶりですね。

現地ガイドのジョンともうまくかみ合って、
あれ行こう、あれ見たい、と楽しくやりました。
写真もたくさん撮りました。

16-09-01_jelrton-WA-0723.jpg
ホワイトポンポンエバーラスティングフラワーなど
キク科植物のお花畑
延々と続く花花花
西オーストラリアはすばらしい!
スポンサーサイト

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : 西オーストラリア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード