深度合成撮影 ダイコンソウ オリンパス OM-D EM-5 MarkⅡ

深度合成撮影 ダイコンソウ 
オリンパス OM-D EM-5 MarkⅡ


最近は、深度合成撮影を始めています。
ピントが薄い撮影領域で、何枚もピントをずらして撮影し、
それをソフトでピントが合っている部分だけを合わせて
一枚の写真として完成させるという方法です。

オリンパスのカメラではピントずらし撮影が、
自動でたくさんできるので、撮影時間が短縮されるのです。

ダイコンソウの果実を撮影しました。
奥行きが深い被写体なので普通に撮影すると、
ピンボケ部分が大きいのです。
それで15枚程度撮影して、その画像を合わせました。
ピントが深くまであっているような立体感があります。
今回は成功です。
野外で撮影するのは風の影響があって難しいのです。

160917kyoikuen.jpg
ダイコンソウ(Geum japonicum)
果実以外の背景はよくぼけています
雌しべの後の先端が、
かぎ状に曲がっているのがよくわかります。
下の黄色いのは、雄しべの残り部分の花糸でしょうか。
果実には毛がたくさん生えています。

_9170033.jpg
これが一枚目。
手前の雌しべの先の鉤型部分だけに
ピントが合っています
比べると違いがよく分かります


OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro




スポンサーサイト

テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : ダイコンソウ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード