筑波山のサラシナショウマ

サラシナショウマ(Cimicifuga simplex)

筑波山の北麓はこの日ちょうど風裏になり、
風がほとんど吹いていませんでした。

サラシナショウマはこの花の少ない秋の時期の林床に、
白くてきれいで、大きな花穂がよく目立つ。

ゆらゆらゆらゆら。
いつも揺れている花穂です。
風がないとなかなか撮れない花なのです。
今回はうまくいきました。

16-10-07_tukubasanroku-igbaraki_0289.jpg
サラシナショウマ
ブラシのようなものは雄しべ
雌しべは小さく目立たない
草丈1m以上になる

CANON EOS M3
Canon EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM 
28mmマクロはボケがちょっと煩わしい
100mmマクロあたりで撮影すると背景はボケボケになるが、
これはこれで生育環境が分かって面白いのでは

スポンサーサイト

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM サラシナショウマ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード