大峰山と吾妻耶山

大峰山は紅葉の美しい山。
しかしさすがにまだ紅葉には早いようでした。

大峰沼一周コースは、2016年10月現在東側が壊れており一周できません。

静かな林を歩くコースは美しく、楽しいものでした。
日帰りハイキングとしては長いコースです。
アップダウンも激しくあります。

コースは大峰沼駐車場から大峰沼へ、
さらに大峰山に登り、長い尾根道を歩きます。
小さなピークをいくつも超えて赤谷越の峠に下り、吾妻耶山に登り返しました。
山頂からはいっきに下り、スキー場の上をまくように大峰沼に戻り、駐車場へ。
長い一日でした。

この日は3連休の最終日。
早く帰っても渋滞が激しいので、
猿ヶ京温泉にゆっくりつかって、上州麦豚の生姜焼きを食べて、
のんびり帰ると、深夜には高速はすいていました。

16-10-10_azumayasan-gunma_0311.jpg
明るいスキー場を歩く
気分がいい道です

16-10-10_azumayasan-gunma_0228.jpg
ヤシャブシの果実


16-10-10_azumayasan-gunma_0198.jpg
シロヤシオ?

CANON EOS M3
Canon EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM 
CANON EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM

スポンサーサイト

テーマ : 山の花
ジャンル : 写真

tag : 吾妻耶山

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード