ヤッコソウの雄雌 雄から雌へ

ヤッコソウ

ヤッコソウ(Mitrastemma yamamotoi)
ヤッコソウヤッコソウ
鹿児島県産
九州、四国に分布する、寄生植物

ヤッコソウ自生地に再度行きました。
ツアー中は数匹のオオスズメバチがブンブンと
吸蜜していたので、落ち着いてよく
見ることができませんでした。

今日は、オオスズメバチが活動的でなかったので、
よく観察することができました。

ヤッコソウは雄しべが合着した雄しべキャップを被り、
土の中からでてきます。
キャップの上部にぐるりと帯状に花粉が付いています。
高さ10ミリ、直径3ミリ程度、花粉以外の部分は茶褐色。

このキャップがポロリと落ちて、
中からビンクがかった肌色の
雌しべがでてきます。

ヤッコソウの雌しべも最初はきれいな肌色ですが、
少し古くなると雌しべの柱頭部分は黒褐色になり、
全体が黒っぽく変わります。
ヤッコソウ、なかなかいい状態のものに出会うのは難しいです。

ヤッコソウの蜜は、
茎の根元近くの鱗片と茎との
空き間に溜まっています。
オオスズメバチが、たらふく蜜を吸い、
身体が重く、酔ったようにうまく
飛べないようです。

IMG_6198.jpg
ヤッコソウの雄状態
雄しべのキャップをかぶっています
上の方の帯状のものが花粉ですが
もうほとんど残っていません

IMG_6217.jpg
いきなりポロリ
雄しべのキャップが落ちました
びっくりしました
中からきれいなヤッコソウの雌しべが出てきました

IMG_6175.jpg
だいぶ咲いてから時間がたったヤッコソウ
雌しべの柱頭部分が黒っぽくなっています

CANON EOS M3
Canon EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM 

スポンサーサイト

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : ヤッコソウ EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード