FC2ブログ

うれしさは中の上なり南紀再訪

南紀再訪、リベンジも半分成功
_MG_3059.jpg
キノクニスズカケはかなり花期が長い

 そんな訳で、また南紀に行ってきました。どういう訳や!というツッコミが入りそうなので説明します。9月の上旬に南紀に植物の撮影に来ていたのですが、その時の撮影データを不注意で消してしまい、貴重な写真を失ってしまったのです。このまま放置すると、残念な思いがいつまでものこることと、前回撮影できなかった植物に再チャレンジするため、また南紀に行くことにしたわけです。旅行中はブログを更新できませんでした。
さて結果としては、キノクニスズカケはまだいい状態の花もあり再撮にまあ成功。他にも色々撮り残したものを撮ったり、南紀の環境がよくわかったりして、南紀再訪は、とてもいいものでした。残念なのは、ウナヅキギボウシだけが、花の盛りがとうに過ぎていて写真が撮れなかったことです。
 天気はあまりよくなかったですが、前回のように暑くはなく、例年通りの気持ちのいい気候でした。ただ初日だけですが何故かはわかりませんが、蚊が恐ろしく多く、「蚊に刺された!」と思って腕をたたくと一回で3匹の蚊を殺すほどの密度の濃さ。前回一匹も蚊を見なかったので、蚊に対する防備をあまりしていませんでした。一日で数十個所を刺されて、近年最大の一日に蚊に刺された日でした。翌日完全防備で行くと、今度は一匹しか蚊は出てきませんでした。
 自宅から高速道路を400kmさらに国道をながーく走り、片道7時間以上。これを二往復ですから約30時間程度往復に時間がかかったことになります。遠いよ南紀よ。でも、山の植物、海岸植物、水田植物などは関東地方では決して見られない原始的な力強さで生き生きとしています。行ってよかった。これが今回の感想です。蚊に刺されてかゆいのはほんの数時間、トラックに囲まれて夜の高速を走るのも数時間の我慢だけですから。

_MG_3070.jpg
イワタバコもまだ咲いていました


カメラ EOS5D Mark2
レンズ キヤノン EF100mmLマクロIS f2.8
スポンサーサイト



テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

tag : 里山

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

高橋様

遠い遠い南紀を2往復されたのですね!
でもその価値は充分ある南紀ですよね。
高橋さんの南紀報告を読ませて頂いて、Lilyさんと気の毒がったり、羨ましがったりしています。「また南紀病が再発しそう」です。

あと半月もすればキイジョウロウホホトギスの季節ですね。
その頃の植物もすばらしいです。
 
ウズウズ・・・

すばらしい南紀

クーミン様 コメントありがとうございます。

南紀本当にすばらしいです。
しんどくても行く価値はありますね。

南紀ウィルスに感染してしまいました。  
> ウズウズ・・・

新しいレンズで撮ると、また違った雰囲気の花の写真になりますよ。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード