FC2ブログ

雨の筑波山はいいのだろうか

雨の筑波はいいでした
_MG_4227.jpg
紅葉し始めたツタウルシ

 9/28に筑波に登ってきました。天気は一日雨。こんな日にに登ってもつまらないのでは、と普通は思うでしょう。でも昨日の歩きは違いました。静かで幽玄な筑波はとってもステキな山だったのです。残念ながら暗くて、いい状態の花は少なく、あまり写真は撮れませんでした。でも、なぜだか気分がよかったです。
 理由のひとつに、まず筑波山そのものの自然のすばらしさがあげられます。暗く様々な種類の木が生える森、ところどころにある草地、岩場。豊かで、多様性に富んだ自然があります。オクモミジハグマの花が多く、モミジガサ、カシワバハグマ、アサマヒゴタイ、キバナノアキギリ、ジャコウソウ、ツクバトリカブトなどが咲いていました。ダイモンジソウも咲きはじめ。
 もうひとつ雨の筑波山がすばらしい理由は、一日雨の天気予報のため、山に人がいないことです。山の中を歩いていて、誰ひとりとして会うことはありませんでした。この筑波山の自然を我々だけでひとり占めです。自然の中に入っていくには、やっぱり人は少ない方がより楽しめるのは当然です。花の種類はけっこうありましたが、登山道からちょっと離れているものが多く、なかなか撮影しにくいのだけが残念でした。
 雨の中、食べるお昼ご飯はつらいもの。お弁当を持っていたので、御幸ヶ原の食堂でキノコ汁を頼み、おにぎりをほおばりました。ここはけんちんうどんもおいしいです。
 雨の日の山歩き、避けていませんか。雨の日の山歩き、きっと気持ちがいいですよ。雨の日の山歩き、自然と深くかかわりたい人におすすめです。雨の日の山・・・。

_MG_4188.jpg
雨の中咲いているオクモミジハグマ。頭花は3つの筒状花の集合体

_MG_4196.jpg
シキミ(ミカン科)の実

2010.09.28NHK文化センター青山教室の講座「花歩き・山歩き」の講師として歩く

カメラ キヤノン EOS5D Mark2
レンズ シグマ  50mm F2.8 DGマクロ 
    キヤノン EF100mmLマクロIS f2.8
スポンサーサイト



テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

tag :

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード