スリランカの旅 毎日カリー・ライス

スリランカの旅 毎日カレー

スリランカで何を食べていたかというと、
それはカリー・ライスです。
本当に毎日彼らはカリー・ライスを食べています。
もちろん、カレー以外の食べ物もありますが、
せっかくスリランカにいるのだから、
できる限りカリー・ライスを食べました。

日本のカレーとは相当違う食べ物です。
野菜の香辛料イタメ、骨付き鳥の香辛料煮込み、
香辛料煮豆、といった感じです。
これはからかったり辛くなかったりいろいろです。
大量のライスにプラスし、3~5種類のカリーを
よそって食べます。
必ず付くのはダルカリというレンズ豆のカリー。
インゲンマメのカリーも多いです。
オクラのカリー、ヘチマのカリー、キャベツのカリー、
ナスのカリー、大豆タンパクのカリー、チキンカリー、
玉ねぎのカリー、
珍しいのでは煮干しのカリーもありました。

とろみもないし、具はほとんど単品、
もちろん福神漬けはついていません。

昼飯や夕飯はたいていこれです。
朝食はちょっと変わったカリーです。
また、別に紹介します


17-01-07_kandy-srilanka_0030.jpg
左の黄色いのが豆のカリーのダルカリ
右手前がナスのカリー
こんな感じで何種類かのカリーが
ライスに混ぜて食べます

17-01-08_kandy-srilanka_0339.jpg
キャンデイのペラデニア植物園の中にある
レストランでのランチ。
10種類のカリーがバイキング形式で
テラスでいい雰囲気です

17-01-09_kandy-srilanka_0117.jpg
キャンディという名前の都市の
コロニアルホテルのクィーンズホテルのランチ
十数種のカリーが並んでいました。
手前のかりーがレンズ豆のカリーのダルカリです
ここもいい雰囲気です

17-01-09_kandy-srilanka_0116.jpg
お米は白米もありますが赤米もあります
赤米は完全に精米しておらず、
赤みがけっこう残っています
味はわるくありません
ぽくぽくしてカリーとあいます

17-01-07_kandy-srilanka_0028.jpg
パパダム
スリランカではパパダムと呼びます
前菜として食べる、豆の揚げせんべい
慣れるとこれがないと・・・
ビールに合うのです

17-01-07_kandy-srilanka_0005.jpg
これはカリー・ライスではなくビリヤニ
炊きこみカリーです
ちょっと贅沢にチキンの足がのっています
スポンサーサイト

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : スリランカ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード