タムロンの180mmマクロレンズをオリンパス OM-D EM5 MarkⅡで撮影

タムロンの180mmマクロレンズを
オリンパス OM-D EM5 MarkⅡで撮影


以前にも試してみたタムロンの180mmマクロレンズを
オリンパス OM-D EM5 MarkⅡにセットして撮影しました。
今回は小さい花を撮影してみます。
やはり拝啓のボケの美しさは天下一品。
等倍近くても明るくて、シャッタースピードが上げられば、
手ブレは見られません。
それよりも息をすっと吸うだけでピントがずれてしまう、
ピント面の薄さが問題です。

シロバナタンポポ
シロバナタンポポ(Taraxacum albidum)が盛りです
バックの処理が楽です

ヒメツルソバ
ヒメツルソバ(Persicaria capitata)の花
ヒマヤラ原産の帰化植物
花が満開ですね
ピントは薄い

オオイヌノフグリ_1
オオイヌノフグリ(Veronica persica)
オオイヌノフグリも手持ちでいけます
バックはボケボケですね。

レンズはタムロンのSP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO、
これに アダプターのKIPON EF-MFT AFをかまして、
オリンパス  OM-D EM5 MarkⅡで撮影しました。

●ボタハイ通信
2017年2月16日の礫川ボタハイは、天気もよさそうなので、
予定通り行う予定です。
スポンサーサイト

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : シロバナタンポポ オオイヌノフグリ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード