新潟の植物 ミスミソウ

昨日の新潟で撮影した植物です。
新潟は今日は雨のようです。

IMG_2223817.jpg
ミスミソウ(Hepatica nobilis var. japonica f. magna)
日本海側に多いオオミスミソウタイプ。
今年のミスミソウの開花はすばらしい。
痛んだ花もなく、はとてもきれいです。
オオミスミソウは日本での分布の中心である
日本海側に生える。
新潟にはスハマソウタイプやミスミソウタイプもあります。

手前をぼかして、後ろの一群にピントを合わせました。
手前の花と、後ろの花はけっこう離れています。
Canon EOS M3
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
絞りF3.5



IMG_2223916.jpg
キクバオウレン(Coptis japonica var. anemonifolia)
別名オウレン
葉が大きく、みっつに分かれる。
葉は落ち葉の下に隠れる。
雄花や両性花がある。

一列に並んで咲いていたので、
すべての花にピントが合うような位置に
カメラを動かして撮影。

Canon EOS M3
Canon EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM 
このセットは軽量だからカメラの位置が自由になるのが特長。
絞りはちょっとだけ絞ってF4.5。
バックが離れているのでよくぼけます。


IMG_2223943.jpg
マルバマンサク(Hamamelis japonica . var. discolor)
咲き始め。
花弁はゼンマイのように伸びていく

ちょっと絞って手前から軽くストロボをたいた
花の内側に光を当てて、しべまではっきり見えた
Canon EOS M3
Canon EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM 


IMG_2223956.jpg
キクザキイチゲ(Anemone pseudoaltaica)
こんなに花色が濃いキクザキイチゲは初めて見た。
咲き始めでとてもきれい。

花にできるだけ近づいて、ピントはおしべに合わせる。
花が一番きれいに見える位置を探して撮影。
背景は岩できたないので、100mmマクロを使って、
背景をぼかした。
花びら(萼)にはピントを合わせたいので、
絞りはF5とした。

Canon EOS M3
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM


IMG_2223982.jpg
コシノコバイモ(Fritillaria koidzumiana)
花の内側に黄緑色の蜜腺がある
花被片の外側にフリルのような飾りがある。

小さいカメラを地面に置いて、
下を向いて咲く花を見上げるように撮影。
葉っぱもきれいなので、
葉っぱにもピントを合わすように。
ピントは雌しべに。
絞りはF5.6。

Canon EOS M3
Canon EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM 


スポンサーサイト

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード