九州の旅

今回の旅はこんな感じでした。
1日目:羽田発、博多空港へ。博多港にバスで移動し、
高速船で対馬の厳原へ。着後、裏の清水山へ。

2日目:レンタカーを借りて白嶽登山口へ。 
チョウセンヤマツツジを撮影。
レンタカーで植物探索。
キエビネなどの撮影。

3日目:対馬最北部の鰐浦へ。
ヒトツバタゴの撮影。
午後、厳原港からフェリーで博多港へ。
博多泊。
一蘭でラーメン。

4日目:のんびり宮崎まで高速バス
スーパーフェニックス号で移動。
レンタカーを借りて、川南町泊。

5日目:尾鈴山登山。
延岡に移動して宿泊。

6日目:祝子川(ほうりかわ)溪谷へ。
フジツツジなど撮影。
宮崎空港でレンタカーを返し、
空路羽田へ。

・・・・・。
色々したなあ。
んんんんんーしんどかった。
でもいろいろ撮影できてよかったなあ。
食べ物もおいしかったし。

17-05-05_tsushima-nagasaki_00318.jpg
今回の旅の目的のひとつ
キエビネ(Calanthe striata)
なかなか見つかりませんでしたが、
運よく見つけることができました、
野生のキエビネ
7本ほどの花穂があるキエビネの群落。
ひとつひとつのキエビネの花が大きい。
花穂は高さ50㎝以上!
花のひとつひとつも大きく直径5㎝弱。
感動の出会いでした。

Canon EOS M3
CANON EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM

野生のキエビネの群落全体の
雰囲気が分かるように広角レンズを使用
あまり絞り混まずにF6.3で撮影
背景に注意し、無駄なものが写らないように微調整
キエビネの黄色い色に合わせて露出はマイナス-1/3補正

17-05-05_tsushima-nagasaki_00370.jpg
もうひとつの感動がツシマカブリモドキ
対馬の固有の昆虫です。
地面をのっそりのっそり歩くツシマカブリモドキ
キャンプ場でテントの横を歩いていました。
羽の縁に金属光沢があるのが特長。
ツシマカブリモドキは飛べない甲虫です。

                
スポンサーサイト

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : 対馬 キエビネ ツシマカブリモドキ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード