EOS M3とEF-M28mm F3.5 マクロで手持ちでできる超マクロ撮影 

EOS M3とEF-M28mm F3.5 マクロで超マクロ撮影

私のメインカメラシステムであり、
植物写真にベストな組み合わせである
キヤノンのミラーレスデジカメ、キヤノンEOS M3と
マクロレンズEF-M28mm F3.5 マクロ IS STM
ストロボを利用した手持ちでできる超マクロ撮影の方法を説明します。

準備するのはEOS M3とEF-M28mm F3.5 マクロ
ストロボ光を拡散させるディフューザー。
私のは手作りですが、
ケンコーの「影とり」という名前で商品化されています。 

ケンコー「影とり」←をクリック

ステップ1
IMG_176112.jpg
必要なのはこれだけ
EOS M3とEF-M28mm F3.5 マクロ、ディフューザー(黒いのはディフューザーを入れる袋)


ステップ2
IMG_176114.jpg
EOS M3をセット。
EOS M3に電源を入れる。
Aモードで絞りをF8~F11に絞る。
(Mモードの場合はシャッタースピードを1/200秒に設定)
ISOは100に設定。
カメラ横のフラッシュポップアップボタンを押して、
フラッシュを撮影できる状態にする。
通常は通常一で撮影。
被写体が2㎝より小さい、超アップ撮影の場合は、
レンズのボタンを押してスーパーマクロに設定する。
レンズのLEDライトを点ける。


ステップ3
IMG_176116.jpg
ディフューザーを用意する。
普段はたたまれた状態にある。


ステップ4
IMG_176117.jpg
ディフューザーの穴にレンズを差し込む
LEDライトは点けておくとmピントが合わせやすい


ステップ5
IMG_176118.jpg
後ろから見た状態
ディフューザーがフラッシュから
離れているのが大事です。


ステップ6
IMG_176119.jpg
横から見た状態。
これだけで撮影可能です。
オートフォーカスもちゃんと撮影できます。



17-05-18_onoji-tokyo_00084.jpg
ニワゼキショウ(Sisyrinchium rosulatum)
超アップで撮影
太陽光線下で撮影
トリミングなし
キヤノンEOS M3
EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM
絞りはF11

17-05-18_onoji-tokyo_00165.jpg
キヤノンEOS M3
EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM
オオチドメ(Hydrocotyle ramiflora)
横位置で撮影したものを、縦位置にトリミング


フィルム時代は不可能だった超クローズアップ撮影。
専門に撮影している植物写真家かマニアだけの撮影でした。
拡大率が大きくなればなるほど、
手ブレしやすくなり、ストロボ(フラッシュ)撮影が必要になります。
フラッシュの閃光時間は1万分の1秒程度で手ブレしないのです。
ピントがものすごく薄いのも、超アップ撮影の難易度を上げています。

それが機材の進歩により、最近撮影が簡単になり、
多くの方に撮影が可能になりました。
植物写真家の私が使っているしているのはEOS M3とEF28マクロレンズ。
このセットは軽く超高解像度で、美しい画像が得られます。

まずはキヤノンのマクロレンズEF-M28mm F3.5 マクロ IS STM
撮影倍率は1.25倍。
フィルム時代の2倍の倍率になります。
キヤノン独自のハイブリッド手ブレ補正を搭載し、
マクロ域の手ブレを抑制しています。
レンズ先端にはLEDライトがあり、これも手ブレを減らしています。
28㎜ですから、広角マクロのような撮影も可能です。
もちろん普通の標準レンズとして風景の撮影もできます。
小型軽量なのも植物写真に向いています。

デジカメはEOS M3.
少し前のモデルなので、カメラ本体だけで4万円以下で買えます。
小型軽量で持ち運びがしやすいのがうれしいです。
画質はとてもよく高画質。
今はEOS M5、EOS M6という最新のデジカメが出ていますが、
まだまだ高価です。

それで、このEOS M3とEF-M28mm F3.5 マクロ IS STM
植物写真を撮影するにはベストセットです。
最大の特徴は小型軽量。
手持ちでいろいろな撮影が可能です。
これに標準ズームレンズがあれば、
どんな撮影も可能です。

ちなみにコンパクトカメラならオリンパスのTG-4です。


購入はこちらから


スポンサーサイト

テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード