赤豌豆の赤飯

赤豌豆の赤飯

吉野で買ってきた赤豌豆で赤飯をたいてみました。
鞘に入った赤豌豆をひとつづつ剥いて、
お米に入れて炊いてみました。

炊きあがりは、なかなかきれいな赤飯でした。
味も豆ごはんとしてはとてもおいしく、
最高のご飯でした。
なかなか手に入らない、
生の赤豌豆ですが、
またあったら買ってみたいです。


IMG_5032.jpg
赤エンドウ豆買ってみました
まだ鞘に入っています
鞘入りだとおいしいですね


IMG_5037.jpg
熟した赤エンドウ豆の鞘
パンパンに膨らんでいます


IMG_5041.jpg
鞘を開けると、
中からぷりぷりのマメが
まだパンパンに張っています
大きくなりすぎて、四角っぽくなっています

IMG_5046.jpg
むいてむいてむいて
やっとここまでできました


IMG_5057.jpg
ただごはんに入れて炊いただけです
こんなにおいしそうな赤飯になりました
赤エンドウ豆も柔らかくておいしい
いいご飯でした。





スポンサーサイト

tag : 赤えんどう豆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード