FC2ブログ

栗生(くりゅう)山

久しぶりによく晴れて、山日和です。
今日は、群馬県の栗生山に登りました。

山頂まで1時間ちょっとと、
コースタイムは短いのですが、
登行差は大きくなかなか厳しい山です。

最初は石段を登り、栗生神社に。
さらに、しばらくコンクリ舗装の山道を登ります。
周囲は植林されたスギ林で、
植物的にはおもしろくありません。

しかし山頂付近の尾根に出ると、
美しい自然林の森になり、
気持ちよく歩けました。

登ってやがて山頂へ。
二等三角点はありますが、展望はなく、
山頂の先に、展望の岩場があり、
ここは周囲を断崖に囲まれて、
ここからの赤城山の展望はすばらしいです。

ところが、崖の下から・・・。
ガサガサ、バリっという音がしました。

そおっと、崖の上から下の揺れている木を覗くと、
真っ黒い顔、真っ白い喉の模様が見え、
一瞬、目が合ったかと思い、
心臓がぎゅっと絞られるような気がしました。

「クマだ!」
ツキノワグマです。

「おーい、ここにヒトがいるぞ!」
と叫び、ヒトがいることを意識させても、
ツキノワグマは木に登っていて、
こちをちらりと見たきりで、
そのままバリバリと音をたてて、
ブナの実かドングリか何かを食べています。
「コフッ、コフッ」と警戒音はたてています。

展望のよいここでランチを食べるつもりでしたが、
諦めて、少し離れてランチを食べて、
さっさと下山しました。

色々ありますが、これも山。
山はいいなあ。

えっ、ツキノワグマの写真ですか?
そんなもの、撮る暇あるわけないじゃあないですか。


18-09-28_kuryuyama-gunma-0047.jpg
栗生山はけっこう厳しい山ですが、
登山道がうまく作られているので、
危険なところもなく、
歩きやすくていい山です。


18-09-28_kuryuyama-gunma-0074.jpg
アブラツツジが紅葉していました
自然はどんどん秋に向かっています

18-09-28_kuryuyama-gunma-0086.jpg
ヒャーホウウウウ!
と叫びたいような青空ですが、
クマにビビりながら撮影しています。


スポンサーサイト

テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

tag : アブラツツジ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード