FC2ブログ

ニューカレドニアの自然 ラ・リビエール・ブルー州立公園の歩き方

ニューカレドニアの自然 
ラ・リビエール・ブルー州立公園


ニューカレドニアの自然を楽しめる、
ラ・リビエール・ブルー州立公園。
公共交通機関はありません。
ツアーで行くか、レンタカーで行くしかありません。
首都であるヌメアから車で1時間30分くらいです。

大きくふつのエリアに分かれています。
ひとつは自分で運転する車で入ることができるエリア、
もうひとつはシャトルバスでしか入れない、
より強く自然が守られているエリアです。
こちらの方がカグーのような特殊な鳥が多いようです。

ラ・リビエール・ブルー州立公園内シャトルバスは、1日6本。
シャトルバスの乗り場までは、入口から車で30分くらいのポイントで、
ヤテ湖にかかる橋の向こうにあります。
ラ・リビエール・ブルー州立公園の入口近くにある
ゲートで入園料を支払うときに予約します。
帰りのバスの便も予約します。

私が乗ったバスは2本目のバス。
バスに乗っていたのは4人だけ。
1本目のバスはラ・リビエール・ブルー州立公園内
またはすぐ近くに泊まらないと、
乗るのは難しそうです。
バス停がいくつか決まっていますが、
途中でも、声をかけ、満員でなければ乗せてくれました。
自転車を載せることもできます。
バスに乗らずにレンタバイクの人も多いようです。
ラ・リビエール・ブルー州立公園に入園し、
入園料を払うときに、バス代金を払います。

ラ・リビエール・ブルー州立公園の中の移動は、
レンタカーで動ける手前のエリアを車で移動することもできますが、
ゲートは5時になると閉まってしまいます。
こうなると出ることができません。
のんびりしすぎないよう、時間には注意が必要です。

公園内には「カウリの森キャンプ場」という
常設テント村があります。
宿泊代も安く、設備も整っています。
なんといってもカオリという美しい針葉樹の森の中にあり、
そこにいるだけで幸せになれそうです。
私が行ったときは、学校の行事で満室でした。
ここはゲートの中なので、
車を中に入れてしまうと、
5時を過ぎると出ることはできません。
ちなみに、自分で持ち込みテントを張ることはできません。

ニューカレドニアに西半分は雨が多く、
東側は乾燥しています。
ラ・リビエール・ブルー州立公園は雨が多い西側に位置します。
しかし、山の下の谷の分部では熱帯雨林が広がり、
台地や、山の尾根上は乾燥した草原になっています。
複雑な自然環境がラ・リビエール・ブルー州立公園
の特徴であり魅力でもあります。

18-10-16_yate-NewCaledonia-0111.jpg
ニューカレドニアの自然 ラ・リビエール・ブルー州立公園
地図の看板が入口に立てられています
えーと・・・。
フランス語です。
英語に近いので、
何とかわかったような気になります。


18-10-19_Riviere Bleue-NewCaledonia-0013
ラ・リビエール・ブルー州立公園のシャトルバス
乗り場までは、入口から30分程度
赤茶けた土がついています


18-10-19_Riviere Bleue-NewCaledonia-0028
ラ・リビエール・ブルー州立公園にあるヤテ湖。
新しい人造湖で、まだ枯れた気が残っています。
ものすごく大きな湖です。


18-10-19_Riviere Bleue-NewCaledonia-0394
ラ・リビエール・ブルー州立公園の道標
分かりやすくしてあります


18-10-19_Riviere Bleue-NewCaledonia-0398
ラ・リビエール・ブルー州立公園
ブルーは青、リビエールは英語だとリバーでしょうか。
青い川という意味です。
中には青い水の流れる川があります。
ニッケルなどの金属イオンが含まれているため青いそうですが・・。


18-10-19_Riviere Bleue-NewCaledonia-0414
熱帯雨林の下には
不思議な花がたくさん落ちていました。
この花の正体はまた後日。


スポンサーサイト

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : ニューカレドニア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード