FC2ブログ

ニューカレドニアのキャンプ場でキャンプとガスコンロ

ニューカレドニア
キャンプとガスコンロ


ニューカレドニアでは、テント泊を楽しむ予定でしたが、
ずっと天気が悪かったのでホテル泊になり、
なかなかテント泊ができませんでした。
テントは日本から持っていきます。
ニューカレドニアはアウトドア用品の持ち込みにうるさいので、
テントの底などもちゃんと水洗いする必要があります。

今回宿泊したのはレス・ボイス・ドゥ・シュッドキャンプ場。
キャンプ場は広くて快適で安価。
ほぼ完ぺきといってよいでしょう。
水は、そのまま飲めないですが、沸かせばOK。
キャンプグラウンドに水道が引かれています。
トイレは水洗水洗、水シャワーもあります。
もちろんペーパーも完備。
朝の鳥のさえずり。
幸せなテント泊が楽しめます。

ニューカレドニアキャンプするにあたって、
一番の問題はガスコンロ。
登山用のガスボンベは、
世界中でほとんど、どこでもEPIガスコンロと
互換があるシステムのガスボンベが多いのです。
プリムスをはじめ、日本のガスコンロはみな同じ。

しかし、ここニューカレドニアは違います。
ニューカレドニアはフランス領です。
フランスのガスコンロと言えば、
キャンピングガスというメーカーです。
日本でも、30年くらい前まではキャンピングガスの
ガスコンロがEPIと同じくらい売られており、
私の最初のガスコンロもキャンピングガスでしたが、
キャンピングガスはボンベが売られなくなって、
使うことはなくなりました。

この、懐かしいキャンピングガスの
ガスコンロが、ニューカレドニアはの普通なのです。
EPI型のコンロは郊外のアウトドアショップでした入手できず、
そこに行っても売り切れていることもあり、
実際、私が行っても売り切れていました。
このため、ガスコンロのヘッドも、
ボンベもセットで購入することになりました。
初めから、コンロのヘッドもボンベも療法現地で買うとよいでしょう。

カセッとコンロのボンベは売られているので、
イワタニのジュニアガスバーナーもよさそうです。

18-10-19_bois du sud-NewCaledonia-0015
ニューカレドニアの原生林の中のキャンプ
広々とした、これでたった一区画
ここを独占できます。

18-10-18_Riviere Bleue-NewCaledonia-0596
振り返ると、屋根があるテーブルもあります。
ナンヨウスギの巨木がいいですね

18-10-18_Riviere Bleue-NewCaledonia-0006
すごく大変だったキャンピングガスの
ガスコンロ。
このタイプが一番小型軽量です。
ニューカレドニアのスーパーマーケットで購入


18-10-18_Riviere Bleue-NewCaledonia-0005
ヤムイモをゆでて、
ソーセージと炒めました。
ヤムイモおいしいです。
こんなものが食べられるのも
ガスコンロがあってのこと。



18-10-19_bois du sud-NewCaledonia-0043
シャワールームとトイレ。
清潔です。





スポンサーサイト

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : ニューカレドニア キャンプ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード