FC2ブログ

奄美の植物 ヘツカリンドウ

奄美の植物 
ヘツカリンドウ(Swertia tashiroi)


ヘツカリンドウは何度もこのブログで紹介しています。
今回は、奄美大島のヘツカリンドウです。

ヘツカリンドウの辺塚とは鹿児島の大隅半島の地名です。
辺塚で見つかったリンドウ科の植物なのでヘツカリンドウ
大隅半島ではいくつものヘツカリンドウを見ていますが、
花色は白っぽく、緑色の縁取りのものが多かったです。

それに比べて、奄美のヘツカリンドウは、
花が紫色の濃い模様が入り、
背が高いものが多いのです。
沖縄本島のヘツカリンドウも
花色は紫色の濃いものもありますが、
ここまで大きくはありませんでした。

花が咲いたら、その株は枯れてしまうようです。
花が咲く個体の近くには、
葉だけの個体がたくさんあります。
花が咲いているからといって、
足元を見ないで近づくと、
来年花が咲く、
葉だけの個体を踏んでしまうこともあります。
ヘツカリンドウの葉には気を付けましょう。

18-11-18_amami-kagoshima-0197.jpg
ヘツカリンドウ
奄美の個体はひとつの株に
花がたくさんついています。
花茎も1m近くになります。


18-11-22_amami-kagoshima-0014.jpg
ヘツカリンドウの花弁
丸い緑色の模様は蜜腺で、
ここから蜜が出ています。

Canon EOS 6D MarkⅡ
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM





スポンサーサイト

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : 奄美 ヘツカリンドウ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード