FC2ブログ

オオイヌノフグリの深度合成

オオイヌノフグリの深度合成

最近のお気に入りは八朔風呂。
八朔はあの夏ミカンのように大きい柑橘類です。
皮をむいて、食べた後の、皮だけをお風呂に入れて
香りを楽しみます。

さて、今回もオオイヌノフグリのフォーカスブラケット撮影からんお深度合成です。
絞りはF5.0 シャッタースピード1/320、 ISO感度200、撮影枚数30枚。
撮影後パソコンでフォトショップで深度合成処理します。
一枚の写真ができあがるまでに、
大変な時間と労力がかかります。
2時間で64GBのSDカードがいっぱいになるくらい撮影します。

さてオオイヌノフグリの深度合成です。
ボケている部分が少ないのでクッキリ見えます。

11オオイヌノフグリ6
オオイヌノフグリの深度合成写真
画像が小さいので、
この繊細なところを
お見せすることができません。


22オオイヌノフグリ6
上野画像の一部を切り取りました。
オオイヌノフグリの花冠の細胞まで、
ハッキリと写っています。
ピントは異常に浅いので、
深度合成しか手がありません。
拡大倍率は1.5倍程度ですが、
とてもクッキリです。
ストロボもたいていません。

カメラ内深度合成撮影は、
オリンパスのOM-D EM-1 MarkⅡ、EM-1、EM-5 MarkⅡという
デジカメでしか撮影できません。
パナソニックのデジカメでも撮影可能ですが、
4K画像からの切り出しなので、画像の悪化は避けられません。

カメラが自動でピントをずらして撮影できる、
フォーカスブラケット撮影はオリンパスのデジカメはもちろん、
ニコンや、パナソニック、フジなどでもできるようですが、
3月に発売のキヤノンのミラーレスフルサイズカメラの
EOS RPというカメラが
キヤノンで初めてフォーカスブラケット撮影ができるようになります。
うーんちょっと気になるなあ。

とはいっても手持ちで深度合成撮影ができるのは
オリンパスのカメラだけ。
とりあえずはこのカメラを使っていきます。


OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
ケンコーデジタル接写リングセット


まだまだ可能性がありそうな
深度合成。
これからどんどん撮っていきます。
スポンサーサイト



テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : オオイヌノフグリ 深度合成撮影

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

間違えて21日のブログにコメント記入しました。
私の仕事では もう間もなく歯の詰め物はスキャンしてCADCAMか3dプリンタで即座に作るようになりそうですが、植物図鑑も様変わりして紙ではなくVRというのか、
あたかも実物を自由自在に見るが如くとなる時が来そうですね、データの蓄積がでしょうか。

深度合成撮影

植物写真も、そろそろ変わるのでは、と考えていますが、
データ量が膨大になって行くと思います。
詳細分部が簡単に大写しにできたりとか。
おもしろい話をありがとうございます。
植物の世界にずっと沈んでいると、技術の変化に目がいかなくなりますね。



> 間違えて21日のブログにコメント記入しました。
> 私の仕事では もう間もなく歯の詰め物はスキャンしてCADCAMか3dプリンタで即座に作るようになりそうですが、植物図鑑も様変わりして紙ではなくVRというのか、
> あたかも実物を自由自在に見るが如くとなる時が来そうですね、データの蓄積がでしょうか。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード