ンナレゼンフリ

 伊豆でこの花を見てきました。二日続けて見ましたが、毎日少しずつ咲いている花が違います!花が咲いている時間は短そうです。
 見る人が多いので、踏み跡ができているのが気になりました。草地には踏み込まないほうがいいでしょう。踏み込まないでも写真は撮れます。イノシシの被害も甚大です。スカシユリの根を食べ荒らして、この植物も痛めています。危険な状態です。これ以上悪い環境にならないように願いたいものです。
 ボタハイでは、植生を痛めないように注意しています。花のそばに行く人数をふたり程度に制限し、釣り人の踏み跡から外れないように注意し、三脚の先端の置き場にも注意しています。花が咲いていない個体や、葉だけのイズアサツキなどの植物を痛めないようにするためです。


_MG_1217.jpg
昨日の花

_MG_1441.jpg
今日の花
咲いていた右側のふたつの花が閉じて、
その左下のふたつのつぼみが開きました


_MG_0949_20121105230422.jpg
密腺のクローズアップ
スポンサーサイト

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード