吾妻耶山はいい山でした

みなかみ町の名低、吾妻耶


_MG_5019.jpg
雪の吾妻耶
静かで誰もいませんでした


 今日は雨の一日でしたが、昨日はいい天気でした。日本海側気候の影響を強く受けるみなかみ町のは、この時期好転に恵まれることはなかなかありません。ところが昨日はいい天気の予報だったので、連休の最終日で高速の渋滞が予想されたのに、つい出かけてしまいました。

 吾妻耶は、尾根で大峰山とつながっています。ふたつ同時に上られることが多いのですが、今回は北側から登ってみました。山の中腹まで車で来ると、なんとまだ雪が結構残っています。道路上には雪は残っていませんでしたから安心です。雪は予想していなかったのですが、悪条件に備えて、新しいトレッキングシューズを持っていきましたが、これが結果としてよかったです。
 
 歩き始めると、すぐに雪が出てきました。気温は0度以下のようで、足元からは「キュキュッ」と心地よい音がします。このコースは誰も歩いていないので、足跡は一切ありません。とても気持ちいいです。紅葉した葉っぱに雪がついていたり、スギに積もった雪が朝の光を受けてキラキラしたり。シャッター音が静かな山に響きます。落ち葉でふかふかの道を登ります。歩き始めは谷筋でしたが、だんだん明るくなって尾根にでました。少し歩くと、仏岩があります。近くで見ると何が仏なのかわかりませんでしたが、少し離れると、袈裟を着たような三角形の大岩に、頭のような石がしっかり乗っています。うん、これなら仏岩だ、と一人で納得しながら歩いていきます。尾根に出ると、誰か別のルートから登っている人のトレースが残っていました。


_MG_5120.jpg
紅葉

_MG_4862.jpg
モミの木の葉まできれいになってしまいます
 
 明るい尾根には澄み切った光が入ってきて、何もかもを美しく包みます。コアジサイのかれて透き通った葉っぱも、ヤマツツジの冬葉も、枝にわずかに残ったブナの紅葉した葉も、みなみなきれいです。
「なんと美しいのだろう」
「花がないから、なんとなく敬遠していたけど、雪の山もいいなあ」
などと考えながら登って行きました。

_MG_4840_20121126225816.jpg
雪道に長く木の影の映っています

 山頂が近くなると急に危険な急坂になります。ここは緊張して歩かなければいけません。雪がついてなければ、なんてことはない山道ですが。靴底のしっかりした新しいハンワグのトレッキングシューズがよく地面をつかんで滑りません。つま先に葉雪がべったりついていますが、皮が新しく防水性能がよいからか、まったく冷たくありません。靴下もおろしたてのスマートウール社製のものだったのもよかったのでしょう。何も不安に思うことはなく、少し汗などかきながら、ただただ、山頂に向かいました。

 山頂には誰もおらず、ただ雪が踏み荒らされているばかりでした。正面には谷川岳、太郎山、仙ノ倉山、平票山などの谷川連峰、左には苗場山、浅間山、榛名山、赤城山、皇海山、日光の山々、至仏山などすばらしい展望です。少しのんびりしてみます。

_MG_4986.jpg
吾妻耶山頂からの谷川岳
もう真っ白

 
 下山はあっさりしたものです。さっき魔法のように何もかもを美しく見せていた光はすっかり弱まり、「これが本当の姿だよ」と言っているようです。どれでも美しいものを見つけては、ゆっくり写真を撮りました。危険な部分を過ぎると、後はざくざく音を立てて落ち葉の海を進みます。やっと下山して、高速に乗ったらまだ4時前というのに2時間以上の渋滞の表示・・・。まあ今日はあんなにきれいだったし、したがないか、とひとり納得し、ギアチェンジを繰り替えしながら、ええ、私の車はオートマではありません。マニュアルです。

_MG_5167.jpg
朝、私が歩いた足跡だけが残っていました
スポンサーサイト

テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

tag :

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード