南房総 高塚山のマテバシイ

高塚山のマテバシイ

_MG_6965.jpg
登山口から見る太平洋

 昨日に引き続き、二日連続NHK文化センターの講座の講師をしています。今日も房総半島の低山です。昨日よりも少し高い高塚山です。この山はマテバシイの純林が美しく、山頂に高塚不動尊のおくの印がある不思議な雰囲気のいい山です。もうこの時期は花はありませんが、美しい森を楽しみました。
 登山口は、道の駅ちくら潮風王国。ここから、キンセンカやストックの畑を抜けて高塚不動へ。ここから山道に入ります。延々とコンクリートの階段が続きますが、見上げればマテバシイの美しい森です。風は強いですが、森の中は風がなく、上着を脱いで歩きます。マテバシイの森を抜け、鳥居をくぐって医師団を登り、アカガシの森に変わるころ、あっさり山頂に到着。山頂には風神雷神の仁王門がありる高塚不動の奥の院になっています。
 すぐ裏手にある、高塚山の最高点にをぐるりと歩いてから下ります。鳥居を又くぐったら、今度は北側へ分かれます。ここもまた美しい林です。下ると溜池があり、ここで日向ぼっこをしながら少し休憩。ここからはコンクリート舗装の道です。急坂を下ると、荒れた畑に出ます。後は田園風景の中を、道の駅に戻ります。

_MG_7007.jpg
高塚山山頂にて

_MG_7020.jpg
高塚山山頂から見下ろした太平洋と千倉

_MG_7041.jpg
マテバシイの林の下にイヌビワが黄葉していた

_MG_7102.jpg
溜池にて

_MG_7175_20121219214537.jpg
なぜか放置されていたトウガン

_MG_7182.jpg
ヤツデの花が咲いていた

_MG_9446_20121219214620.jpg
ハマヒサカキの花が咲き、春のにおいを出しています


 昨日と同じように、朝、道の駅ふらり富山で買い物をし、帰りには忘年会です。今日はゴンズイのてんぷらを頼みました。ゴンズイとは、ナマズに近い種類の海水魚で、日本中の海で見られる魚です。鋭い棘が有、刺されると毒があって大変なので、漁師には嫌われ者の魚です。しかし、この「網納屋」ではてんぷらにして出していくれることを昨日知って、昨日から予約しておきました。ゴンズイのてんぷらはあっさりとした淡白なおいしい魚です。ふんわりした白身で、癖がまったくありません。とてもおいしかったです。

_MG_7199.jpg
ゴンズイのてんぷら
とてもおいしい魚です
NHK分化センター青山教室の受講生の皆さんで、網納屋は貸切状態に

_MG_7193_20121219214541.jpg
ミニあみなや丼・・・。
子供向けの小型サイズです、これでも・・・

_MG_7207.jpg
帰りは真っ暗
スカイツリーの夜景をレインボーブリッジの上で楽しむ



スポンサーサイト

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : 里山

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード