柿田川湧水群

柿田川湧水群

 柿田川湧水群は静岡県清水町にある日本有数の湧水です。富士山に降った雪や雨が、富士山の溶岩の岩の間を通って流れ出る一日10万トンもの透明度の高い湧き水が湧出する場所です。国道一号線のそば、住宅地の中に突然あります。とても静かでキレイな場所です。何度も行っていますが、いつもいい気分になって帰ってきます。
 今日は、NHK文化センター青山教室の「山歩き・花歩き」講座の日です。朝から雨の予報だったので、沼津アルプスの香貫山に行く予定だったのを変更して、柿田川湧水群の散策に変更しました。
 小雨の中、傘をさしての散策も、それほど悪くはありません。時々湧水の水を触ると、暖かく感じます。それもそのはず、柿田川の湧水は年間通してほぼ15度。冬の気温よりも暖かいのです。このため、水面にはうっすらと霧が発生しています。

_MG_0699.jpg
柿田川湧水群
透明度の高い水は群青色


_MG_0707.jpg
柿田川の川面にはうっすら霧が出る


 ゆっくり、散策をしてバスに戻り、ランチタイム。しかし今日に限って、みな食欲が内容で、ほとんど誰もちゃんと食事をしません。まずは伊豆長岡の江間に行って、取れたてのイチゴを購入。おすすめのイチゴは「あきひめ」柔らかな果肉と酸味が少なく強い甘みが特徴です。イチゴの中でも非常に痛みやすいので、首都圏にはなかなか出荷されることが内イチゴです。
 次の目的地は、沼津の人々が愛してやまないロールケーキ「イタリアンロール」のフクヤ(富久屋)です。ロールケーキをシュー皮で包んだシンプルなロールケーキなのですが、スポンジは薫り高く、やわらかく、程よい甘みと香ばしさがあり、クリの小片が入った生クリームは絶妙の泡立て感で、うまみと甘みのバランスが絶妙です。作業場を除くと、大きな泡立て器が見えます。どうも一回一回手であわ立てているようです。シュー皮はモチモチ下食感で全体のバランスをまとめます。とにかく、おいしいロールケーキなのです。残念ながら、お取り寄せはできません。つまり、沼図の店に行かないと買うことができないのです。(たまに東京などで物産展に参加することはあるようです)たかがロールケーキと思わないでください。本当においしいのですよ。その証拠に、バスのほぼ全員が、ロールケーキを一本以上購入したのです。購入しなかったおひとり、たまたま家にケーキがある方のみです。バスはロールケーキバスとなりました。
 ロールケーキバスの暴走は止まりません。次に向かったのは、沼津港。ここでは全員が、沼津港にあがった新鮮な魚のお寿司か海鮮丼をおなかいったい食ました。アジやキンメダイの開き、マグロの兜煮を買っている方も。
 なんだかたくさんのことをやった一日でした。

_MG_0689.jpg
ハンノキの花が咲いていた
雄花の穂がかなり伸びている

_MG_0714.jpg
タブノキの冬芽もプックリ
春はまだでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 四季 −冬−
ジャンル : 写真

tag : 公園

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード