ギアナ高地 アウヤンテプイ山上の植物 ラン

ギアナ高地 アウヤンテプイ山上の植物 マキシラリア ラン科

 アウヤンテプイの山上で見かけた、たくさんのランの中で一番のお気に入りがこのマキシラリア。(花の直径は12cm近くもあるかなり大きな欄。草丈は30~80cm。花は大きいですが、花粉が入っている部分は細く、見てはいませんがハチドリが花粉を媒介しているのではないでしょうか。花の近くには実がたくさんあり、結実する確率はかなり高そうです。新しい花もありましたが、結実した実も多くあります。12月にきたときには実はあまりなかったので、喚起の間もかなり長期間だらだらと咲き続けるようです。

_MG_2831_20130219013703.jpg
満開のマキシラリア
日当たりがよい質性の地衣類が生えている貧栄養の場所に生えます
アウヤンテプイでは個体数は多いほうのランです
撮影は2013.02.04)
マキシラリアとしていますが、正確な情報はありません



●News
世界を旅しながら撮り続けた植物写真を、大画面でたっぷり見ながら、植物の生態や進化のことや、現地の植生、旅のエピソードなどを、わかりやすく面白く、存分にお話します。新聞あかはた日曜版に連載していた世界のお花畑についての連載『世界植物花風景』の話を基本にお話しようと考えています。3月14日と発表していましたが、3月15日に変更になりました。

3/15(金) 14:00~16:00
『世界・野生の花風景』植物写真家・高橋修フォトライブ

場所:アルパインツアー説明会会場

お申込み
■アルパインツアー東京本社: 03-3503-1911
〒105-0003
東京都港区西新橋2-8-11 第7東洋海事ビル4階
会場の地図はここをクリック
スポンサーサイト

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : 海外 ギアナ高地 アウヤンテプイ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード